礼拝

礼拝

礼拝

 学院生活は毎朝の礼拝から始まります。静寂の時を共にする経験を通して特別な信頼感を抱き、自らを律することのできる人格を育んでいます。聖書の言葉や礼拝で語られる言葉を通して「愛神愛隣」の精神を学び、身につけてゆきます。

2017年度 年間標語

  あなた方は神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい。
  (エフェソ 5:1)

「神ってる」ということばが2016年度の「流行語大賞」に選ばれました。機会にも恵まれ、期待以上の結果を出したときに使われた表現のようです。この一年間にもっとも人々の心を掴んだことばですから、世の願いも、実力以上の状況の現出にあるということなのかもしれません。エフェソの信徒への手紙が語る「神に倣う」ことも、そのような超常的な力の体得に目的を置いているのでしょうか。

エフェソ書の著者(紀元1世紀後半)がこの書を執筆した動機として、知的な認識と神秘的な儀礼をもって神との一体性が完遂されると主張するグノーシス主義との対立があげられます。この立場からは、隣人愛の具現化はもちろん、イエスの十字架さえ不要なものとなります。エフェソ書を4章の後半から追うと、「神に倣う」ことが、隣人に真実を語り、悪事と悪意を捨て、互いに親切にし、赦し合う営為の延長線上に置かれていることに気づきます。「神に倣う」ことは、神憑った事柄ではなく、他者への善意あふれる生き方を指しているのです。

「神に倣う」は、人が「神のかたち」に創造されたという創世記第1章の記事を想起させます。このテクストは、神がそうであるように、自己中心的にではなく、他者本位に、互いに受け入れ合い、尊敬し合い、仕え合いつつ歩むよう促しています。神戸女学院はこのメッセージを受けて創立されました。

神からの呼びかけを大切にし(愛し)、隣人を愛することは、創立以来神戸女学院が教育理念の中心に据えてきた、人間の根本的なあり方です。ドイツ語で人格形成や教育を意味する語(Bildung)は、上で言い及んだ「神のかたち(Bild)」から派生したと申します。改めて建学の祈りを心に刻み、学ぶ人、働く人、支える人、ともどもに、神戸女学院が志す「神に倣う」人へと思いを馳せたく存じます。

学院チャプレン 飯 謙

 
【2017年度 1学期暗誦聖句】
4月 あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい。
エフェソの信徒への手紙5:1
どうか、主が、あなたがたに神の愛とキリストの忍耐とを深く悟らせてくださるように。
テサロニケの信徒への手紙Ⅱ3:5
一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。
(ヨハネ12:24)
いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。
これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。
テサロニケの信徒への手紙Ⅰ5:16-18
あなたの重荷を主にゆだねよ,主はあなたを支えてくださる。
(詩編55:23)
5月 あなたがたは、既にそうしているように、励まし合い、お互いの向上に心がけなさい。
テサロニケの信徒への手紙Ⅰ5:11
お互いの間でも、すべての人に対しても、いつも善を行うよう努めなさい。
テサロニケの信徒への手紙Ⅰ5:15
「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』
これが最も重要な第一の掟である。 第二も、これと同じように重要である。
『隣人を自分のように愛しなさい。』」
(マタイ22:37-39)
主の慈しみは決して絶えない。主の憐れみは決して尽きない。それは朝ごとに新たになる。
(哀歌3:22-23)
6月 いつも感謝していなさい。キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい。
コロサイの信徒への手紙3:15-16
涙と共に種蒔く人は、喜びの歌と共に刈り入れる。
(詩編126:5)
一切高ぶることなく、柔和で、寛容の心を持ちなさい。
エフェソの信徒への手紙4:2
戒めは灯、教えは光。懲らしめや諭しは命の道。
(箴言6:23)
7月 時をよく用い、外部の人に対して賢くふるまいなさい。
コロサイの信徒への手紙4:5
あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい。
エフェソの信徒への手紙5:1

ページのトップへ戻る

 
【2017年度 2学期暗誦聖句】
9月 あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい。
エフェソの信徒への手紙5:1
喜んで与える人を神は愛してくださる。
コリントの信徒への手紙Ⅱ9:7
ひとりよりもふたりが良い。共に労苦すれば、その報いは良い。
(コヘレトの言葉4:9)
お互いの間でも、すべての人に対しても、いつも善を行うよう努めなさい。
テサロニケの信徒への手紙Ⅰ5:15
10月 主はわたしを青草の原に休ませ、憩いの水のほとりに伴い、魂を生き返らせてくださる。
(詩編23:2-3)
「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』
これが最も重要な第一の掟である。 第二も、これと同じように重要である。
『隣人を自分のように愛しなさい。』」
(マタイ22:37-39)
わたしの魂は沈黙して、ただ神に向かう。神にわたしの救いはある。
(詩62:2)
喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。
ローマの信徒への手紙12:15
神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。
(詩編46:2)
11月 あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい。
エフェソの信徒への手紙5:1
神は、すべての人びとが救われて真理を知るようになることを望んでおられます。
テモテへの手紙Ⅰ2:4
主が望まれるのは主を畏れる人、主の慈しみを待ち望む人。
(詩147:11)
闇の中を歩む民は、大いなる光を見/死の陰の地に住む者の上に、光が輝いた。
(イザヤ9:1)
12月 御子はすべてのものよりも先におられ、すべてのものは御子によって支えられています。
(コロサイ1:17)
神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。
(ヨハネⅠ4:9)
神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。
(ヨハネ3:16)

ページのトップへ戻る

 
【2017年度 3学期暗誦聖句】
1月 あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい。
エフェソの信徒への手紙5:1
信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。
コリントの信徒への手紙Ⅰ13:13
確かに未来はある。あなたの希望が断たれることはない。
(箴言23:18)
あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐みの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。
コロサイの信徒への手紙3:12
2月 幻がなければ民は堕落する。教えを守る者は幸いである。
(箴言29:18)
わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。
(マタイ16:24)
あなたの御言葉は、わたしの道の光 わたしの歩みを照らす灯
(詩編119:105)
十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です。
(Ⅰコリント1:18)
3月 主よ、平和をわたしたちにお授けください。わたしたちのすべての業を成し遂げてくださるのはあなたです。
(イザヤ26:12)
わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。
(Ⅰヨハネ4:10)
あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい。
エフェソの信徒への手紙5:1

ページのトップへ戻る