社会・地理歴史・公民

中学部社会、高等学部地理歴史・公民 授業計画

 教育目標は学習指導要領に沿い、本学院の教育理念を実現することです。そのため、様々な教材を通して多面的な知識と批判力を養いたいと考えています。高等学部では8名からの特別講義を含む少人数の選択授業を多くしているのもそのためです。

【2017年度 中学部 社会 カリキュラム】
学年 時間数 授業内容
1年 地理分野
週2時間
自然地理学の基礎と日本地誌を中心に学ぶ。
歴史分野
週1時間
第二次世界大戦後から現在にいたる世界と日本の動きを学ぶ。
2年 地理分野
週1時間
世界地誌を中心に学ぶ。
歴史分野
週2時間
先史時代からの世界の歴史を、日本列島の歴史を参照しながら学ぶ。
3年 公民の
政治分野
週1時間
日本国憲法・民主政治・三権分立のしくみ・現代社会の諸問題について学ぶ。
公民の
経済分野
国際分野
週2時間
日本経済・国際社会のしくみについて学ぶ。
歴史分野
週1時間
東アジアの先史時代から近世の歴史を日本列島の歴史を参照しながら学ぶ。
 
【2017年度 高等学部 地理歴史・公民 カリキュラム】
学年 時間数 科目 授業内容
1年 必修選択
週2時間
世界史A・B 中世から近代にかけてのヨーロッパおよびイスラームの政治・国際関係史を勉強する。
2年 必修選択
週2時間
日本史A・B 黒船来航から太平洋戦争終戦までの日本近現代史を、通史として学習する。
地理A・B 自然地理学概説、地域概念、地形図読図、村落と都市などを学ぶ。
自由選択
週2時間
世界史B 高等学部1年生の続きを取り扱う。随時、映画鑑賞などで歴史理解を深める。
日本史特講 日本列島の先史時代から鎌倉時代の終焉までを、通史として学習する。適宜特別なテーマを設定して考察する。
倫理 西洋哲学史を中心に学ぶ。適宜、現代の諸問題も考える。
3年 必修
週2時間
現代社会 現代社会の仕組みを学ぶ。
自由選択
週2時間
日本史B 南北朝時代から江戸時代末期までを、通史として学習する。3学期は、近世の文化をもっぱら学習する。
地歴特講
(世界史)
高等学部2年生の続きを取り扱う。随時、映画鑑賞などで歴史理解を深める。学年末にレポートの提出を求める。
政治経済 国内外の政治・経済問題を学ぶ。

※今年度は以下の科目は開講しません。
 高等学部2年:日本史B・地理B・世界史特講・地理特講
 高等学部3年:世界史B・地理B・日本史特講・地理特講・公民特講

ページのトップへ戻る