英語・外国語

中学部英語・高等学部外国語 授業計画

Welcome to our J1 English classroom in April. There are two teachers in the room. One is a North American teacher and the other is a Japanese teacher.
“Listen!” The North American teacher is speaking to the students in English.
“Girls, please stand up. Show me a pen. Point to the window.”
“This is [æ].(showing a phonetic symbol) Listen. Say [æ]. Say [k][æ][t]. Say [kæt]. Look. Meow! This is a cat.”

 中学部1年生(J1)1学期の英語は、ネイティブスピーカーと日本人のペアティーチングによる英語の命令文を聞いて実際に動作をするTotal Physical Response と、発音指導からはじまります。
 一つ一つの音を学び、それをなめらかにつないで、言葉、文を正確に発音する練習をくりかえします。新しい文を日本語で説明することはなく、いろいろな疑問文に答えたり、疑問文を作ったりしているうちに、英語の文の構造が身についていきます。

Now, let's visit a J1 class in February. They are studying a Bible story about Noah.
Teacher:: God was angry with the bad people on the earth. What did God say to Noah?
Student:: He said, ‘I will bring a flood and kill the bad people.’
Teacher:: Right. Did God want to kill Noah?
Student:: No, He didn't.

 また授業を欠席したら、英語科研究室にやってきて、
"Excuse me.I was absent yesterday. May I have p.5?"
と言えるようにもなります。一年間で生徒たちの英語力がどれほど進歩するかおわかりいただけるでしょう。

 
【2017年度 中学部 英語 カリキュラム】
学年 時間数 授業内容
1年 週6時間 Native Speakerと日本人教員によるペアティーチングで新しい項目を導入。その次のクラスでLLや少人数クラスで復習する。それを週3度くりかえす。授業はすべて英語。
【活動】 TPR(Total Physical Response)、英問英答、ペアワーク、グループワーク、暗唱、劇、スキットなど。
【題材】 発音記号、詩、歌、物語、欧米の文化行事、レシピ、ショッピングなど。
【文法項目】 時制(現在、現在進行、過去、過去進行、未来)、接続詞、疑問文、否定文、感嘆文、比較、to不定詞など
2年 週6時間 週4時間日本人教員が主として文法や物語を担当、週2時間Native Speaker がOral、文化を担当する。授業はすべて英語。
【活動】 英問英答、ペアワーク、グループワーク、暗唱、スピーチ、劇、スキット、シャドーイングなど。
【題材】 聖書物語、ギリシャ神話、マザーグース、詩、ポピュラーソング、映画、欧米の文化行事、日常会話、環境問題など。
【文法項目】 現在完了・過去完了時制、関係詞、5文型、受動態、話法、準動詞(動名詞、不定詞、分詞)、助動詞など。
3年 週6(7)時間 週3時間日本人教員が主として文法や物語を担当、週2時間Native Speaker がOral、週1時間Native Speaker がWriting 週1時間Native Speaker が総合学習の一環としてSRA(自由多読練習)を担当。授業はすべて英語。
【活動】 暗唱、スキット、グループワーク、プレゼンテーション、スピーチ、シャドーイング、ジャーナルなど。
【題材】 O.ヘンリーやシェイクスピアの作品、「若草物語」、「赤毛のアン」などの名作をやさしく書き直したもの、ギリシャ神話、時事問題、キング牧師、マザー・テレサなどについて。ことわざ、イソップ寓話、映画、詩、ポピュラーソングなど。
【文法項目】 仮定法、準動詞まとめ(分詞構文を含む)、完了助動詞、間接疑問文など、3年間の復習。アチーブメントテスト(3学期2月上旬)。
  • 中学部3年生は校内予選を経て種々の校外スピーチ・暗誦コンテストに出場しており、毎年2~3名が入賞しています。実用英語検定は自由参加ですが、中学卒業時までに毎年準2級約30名、2級35名が合格しています。準1級を取得する生徒も10名程度います。
 
【2017年度 高等学部 外国語 カリキュラム】
学年 時間数 科目 授業内容
1年 必修
週4時間
コミュニケー
ション英語Ⅰ
1) 週2時間
Native Speakerが担当し、会話、発表などを通じてオーラルコミュニケーション力を養う。
2) 週2時間
日本人教員による、検定教科書に加えて、副教材を多用したリーディング主体の授業。速読、多読、長文読解の訓練をする。
必修
週2時間
英語表現Ⅰ 日本人教員が担当し、検定教科書も使用して、文法力、作文力、翻訳技術などを養う。
2年 必修
週4時間
コミュニケー
ション英語Ⅱ
1) 週2時間
Native Speakerが担当し、会話、発表などを通じてオーラルコミュニケーション力を養う。
2) 週2時間
日本人教員による、検定教科書に加えて、副教材を多用したリーディング主体の授業。速読、多読、長文読解の訓練をする。
必修
週2時間
英語表現Ⅱ 日本人教員が担当し、検定教科書も使用して、文法力、作文力、翻訳技術などを養う。
自由選択
週2時間
英語会話 今年度は開講しません。
英語特講G 文法 1クラス
英語特講R リーディング 1クラス
英語特講O 今年度は開講しません。
仏語特講 入門フランス語。オーラル面を重視。
独語特講 今年度は開講しません。
3年 必修
週4時間
コミュニケー
ション英語Ⅲ
1) 週2時間
Native Speakerが担当し、会話、発表などを通じてオーラルコミュニケーション力を養う。
2) 週2時間
日本人教員による、検定教科書に加えて、副教材を多用したリーディング主体の授業。速読、多読、長文読解の訓練をする。
必修
週2時間
英語表現Ⅱ 日本人教員が担当し、文法力、作文力、翻訳技術などを養う。
自由選択
週2時間
英語会話 今年度は開講しません。
英語特講G 今年度は開講しません。
英語特講R 今年度は開講しません。
英語特講O 今年度は開講しません。
仏語特講 入門フランス語。オーラル面を重視。
独語特講 今年度は開講しません。
  • 高等学部でも校内予選後、各種のスピーチコンテストやエッセイコンテストに生徒が参加し、毎年約3~7名入賞者を出しています。 実用英語検定は自由参加ですが、準1級の合格者が多数おり、1級合格者も数名います。
  • 高等学部3年生は秋にTOEFL ITPを受験しており、過去5年の平均点は490点前後、平均140名中60名が500点以上を獲得し、600点を超える生徒も数名います。
  • 英語各種コンテストの結果 (学外での活躍) は、こちらをご覧下さい。

ページのトップへ戻る